男性

知っておきたい副作用

男性

薄毛の進行を抑える薬として、プロペシアがあります。プロペシアに含まれているフィナステリドという成分が、抜け毛の原因である男性ホルモンのはたらきを抑制させるのです。薄毛に悩んでいる男性にとっては、ためしてみたい薬ではありますが入手するには日本国内では医療機関で医師の診察を受けたうえで処方箋を発行してもらい入手できます。価格は8000円程度が相場となっています。非常に高価な薬となっています。また、プロペシアには抜け毛の進行を遅延させる効果しかありませんので発毛までは期待ができないです。抜け毛の進行を抑えるだけでなく発毛をさせたいのであればミノキシジルと併用して服用することです。両方服用する場合は、3万円前後の費用がかかります。

プロペシアには当然副作用のリスクがあります。もともとは前立腺肥大の薬として使用されていましたが、服用した患者から抜け毛の量が減っていることが見られたため薄毛治療薬として使用されています。よく報告されている副作用の症状としては性欲が減退したり、勃起不全になってしまうことです。男性ホルモンのはたらきを抑えますのでこのような副作用が出てしまうことを不安にされる方も多いです。ですが、この副作用の症状が出る人は少ない方でありほとんどの方がなんの症状もなく服用ができています。プロペシアですが最低でも6か月間は服用をし続けることです。1ヶ月服用して何の効果もないからやめてしまってはもったいないです。効果が出るまでには時間がかかるのです。プロペシアを使っていて副作用が気になるなら、ランキングサイトで話題の育毛剤を利用しても良いでしょう。

休眠の可能性を意識

薄毛

Harg治療センターを利用することで薄毛治療を受けることができること。その事実の中で注目したいのは、毛髪の根幹となる幹細胞の休眠について、その可能性を意識した治療を受けられるという点です。

詳細を確認する...

自分で行う努力

薄毛

育毛剤を女性が使うこと、それは髪の毛におけるストレスから解放されるための努力を行うことでもあり、努力の成果が実感できる製品も増えてきています。様々な要因に対処できる製品があるため、自分の症状に合わせて選ぶのが大切です。

詳細を確認する...

発毛シャンプーの歴史

育毛剤

髪の毛を生やそう、育てようという発毛と育毛をテーマにシャンプーの開発が進められてきました。その試行錯誤の中でどのような成分が発見されたのか、具体的にはどんな作用をするものなのか、ここで解き明かしましょう。

詳細を確認する...